マルタ島に行くのなら迷わずにJapan to Malta Tourism

マルタ共和国は地中海に浮かぶ小さな島で、19世紀に英国の統治下におかれていたので公用語は英語です。美しい海に囲まれているため、リゾート地としても人気が高く、ヨーロッパからは多くの観光客が訪れています。

日本でもマルタ島に観光に訪れる人や新婚旅行に訪れる人も多く、さいきんでは英語留学のために訪れる学生も増えています。綺麗な街並みで美しい協会などの建物も多く、さらに島国であることから比較的治安も良いことから人気の観光地になっています。

マルタ島に住む人々はフレンドリーで、観光客を快く受け入れてくれますし、世界有数のダイビングスポットとしても人気があります。そんなマルタ島には日本人が経営している旅行会社があります。それがJapan to Malta Tourismで、日本人が経営しているので日本人らしい細やかなサービスを受けることができます。

Japan to Malta Tourismは、これまで多くの観光客にマルタ島の素晴らしさを伝えてきました。当然、日本人スタッフもいることから、日本語で案内を行っています。マルタ島ナビとして、マルタの街並みや人々、動物たちを撮影するための写真撮影ツアーやスケッチツアーを企画してきました。

新婚旅行に訪れるカップルがウェディング写真を記念撮影したいと言う場合には、現地に詳しい人しか知らないとっておきのスポットに案内しています。また個人旅行だけでなく、団体旅行や企業を対象としたインセンティブ旅行にも対応しています。

マルタ島にある孤児院や小学校、医療施設を訪問したいという要望にもお応えしているので、マルタ島でセミナーや研修を行うことも可能です。また近年、マルタ島で英語力を身に着けたいと考える人が多くなっており、その場合にはマルタ政府公認の現地語学学校で行われている英語力がUPするコースに案内しています。

Japan to Malta Tourismは、大型リゾートホテルが立ち並んでいて活気のあるショッピングセンター内に出店していますから、観光に訪れた人が訪ねやすくなっています。

またJapan to Malta Tourismは、高齢の方にも安心してマルタ島を満喫していただくために、バリアフリー旅行にも力を入れています。車椅子を利用していても旅行を楽しめるように、訪れるお店やショッピングセンターを事前に確認しています。

お客様の要望に応じて、マルタ島ナビを企画していますから、自由度が高いのが大きな魅力になっています。